タクシードライバーへの転職に大手と準大手が選ばれるわけ

継続的に稼げる安定の環境

タクシードライバーへの転職をしたいなら、車両台数1000台超しの規模を持ち、街中でもよく見かけ、複数の営業所も有しており知名度も高い大手タクシー会社か、それに継ぐ規模やシェアを誇る準大手がおすすめです。
なぜなら、業界経験者はもちろん、未経験からのスタートでもしっかり稼げ、継続的に働きやすい安定的な収入が確保できるからです。
流しのタクシーとして稼働するだけでなく、専用のタクシー乗り場を有していたり、主要駅や有名なホテルや病院などに待機できる縄張りを有しているほか、信頼度が高いのでホテルなどからの配車依頼も豊富に入ってきます。
また、近隣の企業や官公庁と法人チケット契約などを締結しており、毎晩のように従業員を自宅まで送り届けたり、深夜や早朝出社の従業員を自宅から会社まで送迎したりと確実に乗客を乗せることができるので、お客さんがつかまらずに多くの時間を棒に振るといった心配がありません。

働きやすさや福利厚生も充実

大手や準大手は多様化するライフスタイルや時代のニーズをキャッチアップする柔軟性を持っており、求められる労働環境のニーズに対応できる経営体力やシステム作りができる体制も有しています。
例えば、長時間労働の縮小が求められるなか、従来の長時間勤務体制から8時間勤務の3交代シフト制にする場合や、女性が働きやすい職場環境が求められる中で日勤専従や土日休み、産休制度や短時間勤務制度など子育てとの両立がしやすいワークスタイルを導入する会社も登場しています。
福利厚生も充実していて社会保険の適用や事故時の賠償は全額会社負担にはじまり、独身寮や社宅の完備や家賃補助制度、観光客を乗せる際に役立つ語学の習得や観光ガイドの資格取得支援や、介護タクシーや福祉タクシーに対応できる資格や専門ノウハウの習得を費用面で支援する制度なども整っています。
タクQでは向上心を持って安心して働ける大手や準大手のタクシー会社の求人が揃っており、無料で相談や紹介をしてもらえますので、気軽に利用しましょう。